EvernoteのWindows版で作成したノートへのリンクをクリックすると、Web版Evernoteが起動することにストレスを感じていましたが、今回たまたま回避する方法が見つかったため、まとめておきます。

いつの間にかできなくなった、Evernoteを直接起動するリンクの作成

Evernoteというサービス、使われている方も多いのではないかと思います。

いろんなメモを残しておくことができるのですが、そのノートへのリンクを作成することも可能です。

私の場合、タスク管理サービスにタイトルだけ登録して、タスクの詳細についてはEvernoteのノートへのリンクをタスクのメモ欄に入力しておく、といった使い方をしています。

こうしておくことで、「このタスク、具体的に何しないといけないんだっけ?」と、あとで思い出す手間を省いているわけです。

で、このリンク、数年前まではクリックするとインストールされたEvernoteアプリが直接起動していたのですが、いつのころからかEvernoteのWeb版が起動するように仕様が変ってしまいました。

Web版でも同じ内容が見れるので問題はないのですが、端末を変えるとID・パスワードの入力を求められたりして、そのひと手間を面倒に感じていました。

なんとか直接アプリを起動できるリンクが作れないか、とネットでいろいろ調べていても、でてくるのはMacの情報ばかり。

Windowsでの対応方法は見つからずに、Evernoteへのリンクをクリックするたびに少しストレスを感じてしました。

ちなみに、Macでの対応方法ですが、リンクを作成したいノートを選択して右クリックすると「ノートリンクをコピー」というメニューが出てきます。

これをこのままクリックして、Evernote以外のアプリに貼付けると、Web版のEvernoteが起動します。

 

そこで、この状態で「option」キーを押すと、

「ノートリンクをコピー」 → 「クラシックノートリンクをコピー」

とメニュー表示が変りますので、その状態でメニューを選択すれば、Evernote以外のアプリに貼り付けしたリンクからも直接Evernoteを起動させることができます。

WindowsでEvernoteを直接起動するリンクを作成する方法

Windows版のEvernoteアプリで同じようなリンクを作成する場合、リンクを作成したいノートを選択して右クリックすると、

「アプリ内リンクをコピー」

というメニューが出ますので、これをクリックします。

 

クリックした後に、メモ帳などに貼り付けをすると、次のように「https://www.evernote.com」で始まるリンクになっています。

 

リンクがこの状態のため、Web版のEvernoteが起動するわけです。

では、インストールされているEvernoteを直接起動するリンクを作成するにはどうすればいいか?

リンクを作成したいノートを選択した状態で

「Ctrl」キーと「Alt」キーと「L」キーを同時に押す

だけです。

つまり先ほどの「アプリ内リンクをコピー」というメニューを右クリックではなく、ショートカットキーで実行するわけです。

その後同様に、メモ帳に貼り付けてみると、先ほどと異なり「evernote:///view/」で始まるリンクが作成されていることがわかります。

そしてこのリンクの形式であれば、Evernote以外のアプリに貼り付けたリンクをクリックしても、インストールされているEvernoteが直接起動して、目的のノートにたどり着くことができます。

実はたったこれだけのことなんですが、色々調べたものの、どこにもこの違いについて解説されているものが見つかりませんでした。

今のEvernoteの仕様がたまたまこうなっているだけで、次のバージョンアップでできなくなるのかもしれません。

ただ、とりあえずは現時点でWindows版であっても、アプリを直接起動するリンクを作成することができることはわかりました。

ちなみに、今回この記事を書くのに使ったEvernote(Windows版)のバージョンは、「6.25.1.9091 (309091) Public (CE Build ce-62.6.10954)」です。

仕様変更に合わせて「やり方を変える」、「対応策を探す」のどちらがいいか?

今回いろいろと試しているうちに、たまたま右クリックメニューとショートカットメニューで作成されるリンクが異なるということに気付きました。

ただ、Evernoteのサイトを見ても、この点にふれている解説を見つけることはできませんでしたので、将来的にはこの方法も使えなくなる可能性があります。

仕事をする上で、他社サービスを使っていると、今回のような仕様変更はどうしても起きてしまうものです。

そうした場合に、その仕様変更に合わせて自分の仕事のやり方を変えるか、それとも時間をかけてでも何らかの対応策を見つけ出すか。

ユーザーの声を受けて仕様を戻すといったこともないわけではありませんが、サービス提供側のスタンスが変ってしまった以上は、基本は仕様変更に合わせて仕事のやり方を変えるべきだと考えています。

今回はたまたま対応策が見つかりましたが、毎回このような対応策が見つかる保証はありません。

その辺りは、外部サービスを使う上での宿命として受け入れる必要があるのでしょう。

同じようなことでストレスを感じている方がいるかどうかわかりませんが、多少なりとも参考になれば幸いです。