経営者に安心を提供する
社外パートナー

価値観を共有できる経営者をサポートすることにより、経営者が現状を打破し、明るい未来を描けるようになることで、そこで働く経営者・社員・家族が笑顔になる未来を実現する

事務所の特徴

海外でのマネジメント経験を活かした
課題解決能力

欧州での7年間にわたる海外出向中、マネジャーや取締役として経理・人事・総務・物流・ITなど管理部門を総括。社長の右腕として経営をサポートしてきました。

バックグラウンドの異なる外国人と仕事をする中で身につけた、わかりやすく伝えるコミュニケーション能力。英語での会議運営も経験。

海外会社でのシステム導入後のバックオフィスの混乱を立て直すなど、企業での現場部門での経験も豊富。

大手メーカーでの勤務で培った
現場で活用できる経理スキル

約20年間の勤務を通じて、大企業・製造業の業務の流れに精通。

記帳・出納から原価計算まで、メーカー経理(特に工場部門)における幅広い経験・知識を活かして、貴社の様々な課題に対応。

現場での経験に基づいた、机上の理論ではないアドバイスを提供します。

40歳で税理士業界へ転身したからこそできる対応があります

企業での経営管理や組織内対応と税理士業界における中小企業経営者への対応の両方を経験。

両方の経験があるからこそ、会社の内側と外側、両方の視点を併せ持ったアドバイスが可能です。

これから中小企業の経営を​担う​引き継ぐ​方達と同世代、だからこそ精一杯サポートします。

代表プロフィール

加藤 博己(かとう ひろき)

加藤博己税理士事務所所長

資格

  • 税理士
  • 経営支援責任者(一般社団法人csvoice協会)
  • AFP
  • 二級ファイナンシャル・プランニング技能士
  • MFクラウド会計認定アドバイザー
  • 弥生(株)認定経営支援アドバイザー
  • 旧初級システムアドミニストレータ

執筆

大学卒業後に入社したパナソニックにて約19年間経理業務および経営管理業務を幅広く担当。31歳のとき英国子会社に出向。ERP導入により混乱していた経理業務の立て直しに従事。このとき安定した経理体制の重要性を痛感する。

その後チェコ・日本国内での勤務を経て、38歳のとき年商100億円規模のスロバキア子会社に取締役として出向し、管理部門を総括。英国時代の経験を活かして、社内体制の整備に尽力。30代のうち、7年間を欧州で勤務することとなる。

40歳のときに会社を退職。その後3年で税理士資格を取得。

中小企業の経営者が経理業務に苦戦する姿を見て、クラウド会計の導入やITを活用した顧問先業務の効率化を実現してきた。

中小企業の経営者と数多く接する中で、業務効率化の支援だけではなく、経営者を総合的にサポートするコンサルティング能力の必要性を痛感。松川幸弘先生のもとで「コンサル型税理士」(経営支援責任者)のスキルを習得。

現在はこのスキルを活かして、売上アップ支援から個人的な悩みの相談まで、幅広く経営者のお困りごとの解決に尽力中。

経歴

昭和47年3月 京都市生まれ
平成6年4月 パナソニック株式会社(当時、松下電器産業株式会社)に入社
平成25年12月 パナソニック株式会社退職
平成25年1月 加藤羨一税理士事務所入所
平成27年10月 AFP登録
平成28年2月 税理士登録
平成30年6月 加藤博己税理士事務所開業
令和2年1月 経営支援責任者認定取得

事務所概要

事務所名 加藤博己税理士事務所
代表 加藤博己
所属 近畿税理士会下京支部
事務所所在地 〒601-8044 京都府京都市南区東九条明田町3
営業エリア 京都府・滋賀県・奈良県・大阪府(京都市内から片道1.5時間以内のエリア)
※上記以外のエリアで対応をご希望の方は、ご相談ください
〒 601-8044
京都府京都市南区東九条明田町3
最寄り:京都市営地下鉄九条駅 徒歩10分

Google mapを開く

無料財務分析を体験する

会社の現状に不安や不満があるが、何から手をつけて良いかわからないという経営者の方、まずは無料財務分析をお申し込みください